無添加住宅:化学物質を使わない世界で一番自然に近い家

無添加住宅とは

無添加住宅って何?シックハウスとは

無添加住宅は化学物質を使わずに天然素材でつくるから安心です

体に悪いものは使わない。

こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。
コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりが
「シックハウス」を生み出したと言えるでしょう。シックハウス症候群の原因のほとんどが接着剤
に含まれる化学ノリだとわかってきました。

そこで無添加住宅では、化学ノリをいっさい使わずに家を建てることはできないものかと、
長年研究してきました。
そして、ついに体に良い、無添加の家を完成させました。
さらに、建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現。
化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める「無添加住宅」の誕生です。

私たちの「無添加の家」は、合成化学物質・化学建材をいっさい使わず、むかしの家づくりのバランスをお手本に、極限まで自然の素材にこだわって作っています。

無添加住宅の建材は食べられる素材がたくさんあります
例えば、化学ノリに代わる接着剤として、米でつくる「米のり」・動物の骨や皮を煮てつくる「にかわ」などを使っています。
長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど実用化することができたのです。
また塗料には、「柿渋」、「ベンガラ」、「オリーブオイル」を使用し、木材の防腐・防虫・防カビ剤にも「柿渋」と「塩」を使っています。

屋根瓦には天然の「玄昌石」(工法特許取得済)、外壁には「石灰岩」と、ぎんなん草でつくった「漆喰」そして「天然石」、土台パッキンには天然の「御影石」を使います。

内装壁、天井にはやはり「漆喰」そして「天然石」、床には「樺」や、松の「無垢材」(杉やヒノキは理由があって使いません)、

断熱材には炭化した「コルク」を使います。

天然素材それぞれの特性を見極め、「適材」を「適所」にバランスよく配する・・・
そのことが、人が安心・安全に住む場所を造るには、いちばん重要なことだと考えています
無添加住宅でひとつひとつ素材選びにこだわり、本当の意味で身体に優しい住宅を追求していきます。

私たちは「体に良くないものは使わない」を合言葉に、体に負担を与えない、長く長く快適に暮らせる家をつくります。

化学物質を使った家は、こんなに恐ろしい!!!!

みなさん、化学物質が人に与えるとても恐ろしい影響をご存知でしょうか・・・。
近年、社会問題にもなっている「シックハウス症候群」。
誰もが一度は耳にしたことがあるとは思いますが、今や他人事ではなくなっています。

●シックハウス症候群とは

シックハウス症候群とは、室内の空気汚染が原因で引き起こされる様々な健康障害をいいます。
シックハウス症候群の最大の原因は家具や建材などから放散される化学物質によるものです。

●シックハウス症候群の原因

新築住宅で使われている化学建材や接着剤、塗料に含まれる有機溶剤などに化学物質が室内の空気を汚染して、人体に悪影響を与えていると考えられています。しかし、決定的な原因物質や治療法は、いまだに解明されていないのです。
住宅だけではなく、家具やカーテンなどから発せられる化学物質、日頃の換気不足、ダニ・カビ、化粧品や殺虫剤など日常用品から発生する化学物質も原因と言われています。

●シックハウス症候群の症状

新築や改築直後から遅くても数カ月以内に、次のような症状がみられます。

       

 

 

 

 

など多彩な症状が出現するようになります。また、不眠症や慢性的な疲労感・倦怠感としてはじまる場合もまれではありません。
また、症状には個人差が大きく、同じ家でも非常に強く症状の出る人から、まったく症状の出ない人もいることから、いわゆる「引越し疲れ」と思い込んで生活している場合もあり、初期の対応が遅れるケースがほとんどです。さらに、元来アレルギー疾患を有する子どもでは、アトピー性皮膚炎や小児気管支喘息の悪化という形で出現する場合もあり、注意が必要です。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ ⇒⇒⇒ ≪本当に恐ろしいものをご存知ですか?≫

お問い合わせ

Ferretアクセス解析