無添加住宅:化学物質を使わない世界で一番自然に近い家

使用する天然素材

【漆喰】 -【炭化コルク】 -【天然石】 -【柿渋】 -【米のり・にかわ・ぎんなん草】 - 【天然ムク材】

無添加住宅は「食べられる」
無添加住宅で使われる天然素材は、長い年月をかけて素材そのものの持つ魅力が増していくとともに、
いつまでも長持ちし、機能的で、使うほどに愛着がわいてきます。
私たちの「無添加の家」は、合成化学物質・化学建材をいっさい使わず、
むかしの家づくりのバランスをお手本に、極限まで自然の素材にこだわって作っています。
食べられるものから出来ているということは、何より体に安全という証です!

天然石

近年、屋根材といえば、人工スレートが主流です。その材料はセメントと石綿です。石綿はアスベストではないのですが、両方とも構造的にはよく似ていますので、体にいいはずがないと思われます。そこで、天然素材の屋根ができないものかと国内外で探しました。
スペインとフランスの間にアンドーラという国があります。ピレネー山脈の高地に位置する自然に恵まれた環境と、豊富な天然粘板岩を産出する地方ゆえに、現地の家の屋根がすべて天然石で葺かれているのです。しかも築後300年経った家でもまったく美観を損なわず存在し続けるのを見て、「これだ」と思い、日本で石を葺いてみたのです。試行錯誤を繰り返し、釘で止めるのではなく、石を引っかける独自の工法を考えだし、これにより、石葺きを可能にしました。しかも石葺きのすき間を利用して、屋根部の熱を自然の風力で自然換気することで従来の屋根以上の涼しさを実現。さらに、天然石だから一切メンテナンス不要です。それが無添加住宅製の省エネ屋根システム[クールーフ]です。
自然な美しさと耐久性を兼ね備える天然玄昌石を使用しているので、生産するのに二酸化炭素を排出せず、再利用ができ、残材は土の中へ戻せる。こんなエコロジーな材料を使って、親子代々にわたり再利用していけば、使い捨て日本を変えていけるかもしれません。

屋根は石ですけど、重たくはないんですか?

カラーベストの屋根と比べると重いです。しかし、瓦と比べると石の屋根のほうが軽くなります。一見、石のほうが重たく見えますが、瓦一枚の大きさに比べ石一枚のほうが面積が大きく、重ねしろも少なくて済みます。

石で屋根を葺くとなにかメリットがあるんですか?

屋根裏部屋が暑くないのです。当社独自の工法により、屋根部の熱を自然の風力で強制換気することで、従来の屋根以上の涼しさを実現しています。その他の特徴としてメンテナンスフリー、重厚な美観、石のリサイクル可、生産にあたって無公害があります。

石で屋根を葺くと高くなりませんか?

加工しやすい粘板岩を海外より大量購入している為石のコストをかなり抑えてあります。更に当社独自の工法により石葺きの熟練技術者でなくても早く簡単に施工することが出来るようになっております。そのため工期が短縮され人件費を抑えることが出来、従来の石葺きの常識を覆すコストパフォーマンスになっておりますので、高くはないと自負しております。

どんな石の種類があるのですか?

御影石で4種類(ピーチポリーノ、ロイヤルパープル、山西黒、さび石)、粘板岩(屋根に使っている石)、木化石(ジェラシックウッドストーン)、大理石です。

お問い合わせ

Ferretアクセス解析