無添加住宅:化学物質を使わない世界で一番自然に近い家

使用する天然素材

【漆喰】 -【炭化コルク】 -【天然石】 -【柿渋】 -【米のり・にかわ・ぎんなん草】 - 【天然ムク材】

無添加住宅は「食べられる」
無添加住宅で使われる天然素材は、長い年月をかけて素材そのものの持つ魅力が増していくとともに、
いつまでも長持ちし、機能的で、使うほどに愛着がわいてきます。
私たちの「無添加の家」は、合成化学物質・化学建材をいっさい使わず、
むかしの家づくりのバランスをお手本に、極限まで自然の素材にこだわって作っています。
食べられるものから出来ているということは、何より体に安全という証です!

柿渋

現在の住宅の防腐・防蟻・防カビ材が健康に及ぼす
影響は、かなり大きいと思われます。なぜなら、虫が嫌うもの、カビが嫌うもの、それを化学物質で製造しているからです。虫が死ぬ化学物質が、人体に良いはずはありません。畳の下に防虫シート、抗菌シート、そして抗菌フロアー。家の中には企業が商品化した化学素材があふれかえります。
はたして自然素材で、防腐・防蟻ができないのでしょうか。
自然界には、植物自身が虫、鳥、カビなどから身を守るための「技」を持ったものが数多く存在します。たとえば、楠(くすのき)いわゆる樟脳(しょうのう)、馬酔木(あせび)などは、昔から殺虫剤として利用されていました。そして、「かきしぶ」をつくる渋柿(しぶがき)。かきしぶは、昔、鳥居の防腐、投網の防腐に広く使用されていました。その他多くの野生植物には、さまざまな効能があります。
無添加住宅では、防水紙は油紙を使用していますし、防腐・防虫・防カビには渋柿を使用。基礎部とバルコニーに塗り、建具には独特の光沢を出す塗料としても使っています。バルコニー塗布用には、防水性を高めるためにベンガラを混ぜました。自然素材の「抗菌効果」の中で、あなたも暮らしてみませんか?

渋柿はどのような効果がありますか?

実はこの渋みは虫も嫌います。柿渋はそんな渋みがぎゅっと詰まった液体。渋みの成分であるタンニンは血圧降下作用があるため、人にとっては健康飲料なのですが、虫が口にしたら最後、死んでしまいます。タンニンが虫の細胞を壊してしまうからです。
無添加住宅では防腐剤としてこの柿渋を利用しています。実際には構造材に柿渋を塗り、さらにオリーブオイルを重ね塗りして防虫性と防水性を強化。漆喰に混ぜて使用することもあります。

自然素材の防虫剤を教えてください。

自然素材でも防虫効果のあるものはたくさんあり、例えば柿渋の渋みは虫の体内のタンパク質を吸着します。馬酔木(あせび)の乾燥させたものを煎じて霧吹きすると防虫スプレーになります。山椒の実や楠木の葉も防虫効果があります。しかし、1Fのお部屋では虫が入りやすいので、完全に虫の侵入を防ごうとするのは大変です。おうちの近くに緑がたくさんあるような地域はもちろんのことになります。どのハウスメーカーもそうだと思いますが、完璧に虫の入ってこないお家はつくれません。

玄関扉は天然木ですが、腐らないですか?

玄関扉は扉厚さが通常より1.5倍ほどの厚さ(6cm)で、しかも天然木に柿渋塗装を施したり、防腐対策を行っており、腐りにくくなっています。他の外部に面している木部に全て言える事ですが、引渡し後1年経過した時にもう一度上塗りするとより一層防腐効果があります。

お問い合わせ

Ferretアクセス解析