無添加住宅:化学物質を使わない世界で一番自然に近い家

使用する天然素材

【漆喰】 -【炭化コルク】 -【天然石】 -【柿渋】 -【米のり・にかわ・ぎんなん草】 - 【天然ムク材】

無添加住宅は「食べられる」
無添加住宅で使われる天然素材は、長い年月をかけて素材そのものの持つ魅力が増していくとともに、
いつまでも長持ちし、機能的で、使うほどに愛着がわいてきます。
私たちの「無添加の家」は、合成化学物質・化学建材をいっさい使わず、
むかしの家づくりのバランスをお手本に、極限まで自然の素材にこだわって作っています。
食べられるものから出来ているということは、何より体に安全という証です!

漆喰

もともと日本の住宅や建物の壁は、外壁も内壁も、土や漆喰(しっくい)で塗られていました。
漆喰(しっくい)は、消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた自然の塗装材です。化学式で表せば、水酸化カルシウム(Ca(OH)2)が空気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して、CaCO3の石灰岩という固いものになるのですから、漆喰は耐火性、耐久性も当然高く、古くから城や土蔵にも使われてきました。
このように合理的なのに、漆喰を代表とする温式工法は調合や現場での水塗りなど手間と時間がかかるために敬遠される傾向にありました。しかし、無添加住宅で使用する漆喰はあらかじめ材料を調合したり、漆喰を塗った後に割れにくくするなど独自の工法を開発。無添加住宅では、外壁・内壁・天井と、ほぼ家の全体にわたって漆喰を使用しています。
外壁はあくまでも強く、内壁と天井は吸湿・放湿性に優れた特性で家の中の空気を浄化してくれます。しかもきめ細かい独特の質感。ビニールクロスでは得られない健康にあふれた住まいを、自然の生きた素材によって実現させています。
また最近になって、タバコの臭いやヤニの汚れなどもビニールクロスに比べて、付着しにくい特性を持っていることが分かってきました。 クロスも対処します。

漆喰はすぐに割れると聞いたのですが大丈夫なんですか?

当社は昔から使われているしっくいに天然の素材をまぜてオリジナル漆喰にして使用しております。従来の割れやすい漆喰に比べかなり割れにくいものに仕上げました。

漆喰の壁って湿度が高くて壁に水滴とかはつかないのでしょうか?

水滴の問題は主に断熱性能の問題で起こる結露のことと思いますが、これは外気温、室内気温、室内湿度と断熱性能などとの関係で発生する条件が決まります。もし建物の構造と断熱性能が同じで漆喰仕上げとビニールクロス仕上げを比べた場合、仕上げがビニールクロスなどの場合露点温度に達した場合すぐに水滴が現れますが漆喰仕上げの場合この水分をある程度保湿し、表面に水滴が発生するのをずいぶん抑えてくれます。また、漆喰は強アルカリの性質がありますので湿気ていましても防カビの効果があります。当然保水能力を超えた場合は水が滴ってきます。室内で、加湿器を多用した場合はその可能性があります。

外壁も内壁も漆喰塗りなんですか?

両方漆喰塗りです。しかし、漆喰に混ぜるものを少し替えています。外壁には撥水効果のある天然成分のものをまぜて塗ります。

内部の漆喰壁と柱の間に隙間ができますが大丈夫ですか?

漆喰と木材の間にはほとんど必ずといっていいほど隙間ができます。それは無垢の木材が縮んだことによるもので、決して欠陥ではありません。隙間風が入ったり、壁全体が剥がれ落ちたりする事はありません。またこの隙間から室内の浮遊した汚染空気が入り込み、壁内の炭化コルクへ流入し、吸着するための早道にもなります。この隙間が気になるという方は漆喰の粉とフエキ糊を混ぜて隙間を埋めてあげる方法があります。

漆喰に汚れがついた場合は、どうすれば良いですか?

局所的に汚れが付着した場合はサンドペーパーで少しこすると落ちます。壁全体に汚れが気になる場合は漆喰の粉と水を混ぜ、ローラーでペンキを塗る要領で表面をリフォームします。

ぽろぽろ剥がれ落ちるようなことはないですか?

漆喰は聚楽(ジュラク)や土壁の仕上げのようなものとは違い表面がぽろぽろはがれるようなことはありません。しかし、完全に硬化するまでの1年くらいは、表面の若干の粉が落ちたりして、巾木の上に貯まったりします。服がこすれた場合、その粉がつくことがありますが払えば簡単に落ちます。それらの擦れ落ちる漆喰が気になるのであれば、フエキ糊を塗布すれば擦れても落ちなくなります。

珪藻土と漆喰を混同されるお客様が多いのですが、珪藻土はそれ自身で硬化することができないので「つなぎ」成分が必要で、そのつなぎ成分の効き目がなくなるとボロボロになります。それに対して、漆喰はそれ自身で硬化でき、最終的な漆喰の成分は炭酸カルシウムを目指し徐々に酸化していきます。その過程を経るにしたがってどんどん堅くなります。

RC造の場合は特にこの漆喰の保護膜の恩恵を受けます。むき出しのコンクリートでよくされている撥水剤を塗っているところが多いのですが、これはコンクリートの汚れを防ぐためと、酸性雨の影響を受けやすいコンクリート(漆喰同様にアルカリ性)を保護するためです。メンテナンスの際、上塗りできる漆喰は構造材であるコンクリートの腐食を防ぐのに機能を発揮します。撥水材を塗るだけ仕上げのRC造でしたら1年に一度は塗り直さないと美観を損ないがちなのですが、漆喰仕上げの場合はもっと長い期間そのままで大丈夫です。外壁の塗り直し期間については下記のQ&Aをご参照下さい。漆喰を上塗りすることで表面の膜の保護と美観の維持と両方を行えるので非常に無駄がありません。調湿効果もあるのでコンクリートむき出し住宅にありがちな結露は通常より容易に防げます。

浴室や洗面などの水廻りで漆喰壁・天井にカビは生えませんか?

漆喰は強アルカリ性の性質のため、カビ菌が生存しにくい環境にあります。しかし、浴室などで人間の体から飛び散った油分が壁に付着した場合、その部分だけカビが生える可能性があります。

お問い合わせ

Ferretアクセス解析